2014年求人のご案内 情報の総合学園 電子開発学園

名古屋医療情報専門学校  (2008年4月校名変更 旧校名:名古屋情報経理専門学校)


進路支援センター
 〒456-0062 名古屋市熱田区大宝四丁目19-14(名古屋情報メディア専門学校内)
 TEL(052)681-9500(代) FAX(052)671-6867 E-mail:s-info@ncs.ac.jp URL:http://www.ncs.ac.jp/ (就職関連ページはこちら)

■ごあいさつ

 本校は、今日の医療情報分野やビジネス実務で活躍できる人材を目指し、医療・ビジネス業務に最新のIT(情報技術)知識を加えた人材を、情熱あふれる教育体制で育成しています。昭和55年の開校以来33年間、卒業生は2,200名を超えており、地域発展の一役を担っていると自負しております。これも医療業界・産業界各位のご支援の賜物と感謝申し上げます。
 プロとして求められる医療やIT(情報技術)の知識・技術などの「仕事力」に加え、社会生活で必須となる、仕事に対する責任感やコミュニケーション能力、リーダシップ能力、マナーを身に付け、職場や社会の一員として良好な人間関係を築き、育む「人間力」を養っています。
 今年度のご採用計画に本校学生をご配慮くださいますようお願い申し上げます。
 尚、名古屋の2校(名古屋医療情報・名古屋情報メディア)ならびに北海道情報大学 名古屋教育センターの進路指導窓口として、進路支援センターを、名古屋情報メディア専門学校内に設置しております。
 求人のお問い合わせはこちらの窓口へお願い致します。


外観

■所在地

※マーカーをクリックすると別ウィンドウで大きな地図が開きます

■交通

●名古屋医療情報専門学校
・金山総合駅で地下鉄名港線に乗り換え
・地下鉄名港線名古屋港行き六番町駅下車、A番出口より東へ徒歩5分
●名古屋情報メディア専門学校(就職支援センター)
・金山総合駅で地下鉄名港線に乗り換え
・地下鉄名港線名古屋港行き六番町駅下車、@番出口より北へ徒歩3分
・お車でお越しの場合は駐車場をご利用いただけます。


本校の設置コース

専門学校
3年課程
●医療情報系
 医療情報・ネットワーク・情報セキュリティの知識を学習し、医療情報技師の資格を取得のうえ、医療現場におけるシステムの運用・管理を推進できる技術を習得します。
2年課程
●医療事務系
 医療事務の知識とパソコンを活用できる知識を学習し、病院実習の経験も持っており、医療の事務処理部門で即戦力となる技術を習得します。
 医療事務専攻は、医療事務に必要な知識と医療ソフト利用技術を習得します。
 医療秘書専攻は、医療秘書に必要な知識とパソコン利用技術を習得します。
●ビジネス系
 ビジネスソフトを使いこなし、会計処理やビジネスマネジメントなど、ビジネスの現場で必要とされる知識を習得します。
 情報経理専攻は、簿記・経理知識とパソコン会計の利用技術を習得します。
 パソコン活用専攻は、オフィスで必須のパソコンスキルやWebページ制作技術を習得します。
1年課程
●医療事務系
 医療事務の知識とパソコンを利用できる基礎知識を学習し、医療の事務処理部門で活躍できる基礎技術を習得します。

<さらに>
 本校では、厚生労働省の委託職業訓練を実施しており、修了した人材の紹介もしております。この訓練のカリキュラムおよび求人案内は次のWebサイトをご覧ください。
 URL:http://www.sakae.ncs.ac.jp